So-net無料ブログ作成

サマーレスキュー 感想 カモミールティー



サマーレスキュー 感想 カモミールティー

第6話が終わって...。

カモミールティーを飲みながら、振り返ってみた。


第1話が始まって以来、生命を預かる立場の重大さを描いた物語の展開は一貫していて、なおかつ考えさせられるゆえ、観応えは充分過ぎるほど。


今回は、医師と研修医それぞれのあり方について。

医学生で研修医の立場としては、医師免許を持っていない。
そのため、患者に治療を施すことは、法律上違法となってしまう。

ただ、医師にせよ研修医にせよ、情としては手助けしてあげたい。

時と場合によっては、臨機応変に対処できる柔軟さも必要と考える医学生・木野憲太(菅田将暉)の思いが前面に出ていた内容だった。

悲しいことが多かったのかな?
大病院の跡取り息子でお坊ちゃまなどど、周りからの好奇な目で見られているという猜疑心に振り回され、髪を金髪に染めてしまうのも、どうにかして自分を変えたいからなのか?

解からないわけではないけど、屈折と無茶は良くなかった。
山の天候を熟知する主・小山雄一(笹野高史)の忠告を聞き入れず、医学生仲間の村田佳秀(小澤亮太)と鈴木真子(能年玲奈)を引っ張るようにして、山に登るなんて。

そのために、真子の吹き飛ばされた帽子を拾おうと無茶して、突風に煽られて滑落。

枝に刺されて貫通する大怪我で、かなり危ぶまれたけど、山小屋関係者全ての人々の願いが通じたんだろうなあ、本当に助かって何より。

小山も倉木も、やり場のない怒りに内心渦巻いていただろうけど、静かに大きく受け止めることができる姿勢は、自分を責める医学生にとって大きく好作用するだろうなあ。

特に、倉木の泣きじゃくりながらの「生きていてくれてありがとう!」には、感動の嵐!

その原点となったのは、30年前の山の診療所開設の翌年、研修医だった当時の安易な気まぐれ登山が原因による、仲間の遭難死。
しかも、憲太の大怪我の場合と、状況はあまりにも似ている。

さらに驚いたのは、29年前の遭難死に、かの沢口も一緒だったこと。
それにまつわるいきさつが、沢口の心に暗い影を落とし、将来の医師のあるべき姿について、倉木と考えが正反対になってしまったのかなあ。


この物語、最後まで見逃せない。


気分転換に、前回圭吾が遥に勧めたカモミールティー、飲みたくなったな。

カモミールティーを山で飲むとしたら、やはり山にお似合いな銘柄が一番?

いや、関係ないかも?

2012-08-28 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます