So-net無料ブログ作成

森山直太朗 自由の限界 DVD



森山直太朗 自由の限界 DVD

2014(平成26)年7月9日水曜日よりフジテレビの開局55周年記念ドラマとして『若者たち2014』の放送開始から、いくらかの日々が経過して...。


あの『北の国から』シリーズでおなじみの杉田成道がチーフ演出による青春群像劇か...。

放送開始当初、一風変わった描写には困惑したものの、回を重ねることに少しずつ持ち直して、心に浸透...。

同じくらい、森山直太朗の歌う8月13日水曜日発売のザ・ブロードサイド・フォーの名曲のカヴァー「若者たち」もしかり...。

いかなる時代であれ、皆誰もが心に葛藤を抱えつつも、一日一日を精一杯生きてゆく姿、感動させられる。


そして、「若者たち」と同日発売のDVD『コンサートツアー2013~14「自由の限界」~そろそろ本当の俺の話をしようか~』も...。

昨年2013(平成25)年12月発売のオリジナル・アルバム『自由の限界』を引っ提げて、同年10月から全国ツアー「森山直太朗コンサートツアー2013〜14『自由の限界』」が開始し、年明けの2月16日日曜日開催の東京・NHKホールの最終公演が収録されていて....。


改めて鑑賞したくなった。


最新アルバムの1曲目でもある「そりゃ生きてればな」から始まり、「太陽」、「夕暮れの代弁者」と伸びやかな歌声で観客を惹きつけてからのMC第一声には、思わず笑ってしまった。

「わたくし、姓は森山、名は直太朗。ギターを抱えたマカロニ侍でおなじみ森山直太朗でございます」

マカロニウエスタンを彷彿とさせる衣装でも、心は山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズの寅さんこと車寅次郎(渥美清)???


最新アルバムのリード曲になっている「どこもかしこも駐車場」や「うんこ」など、独特の感性の光る楽曲の相次ぐ披露のほか、昭和の歌謡曲っぽい雰囲気のアップテンポナンバーで、振り付けやダンスなどのステージアクション...。

かの名曲「さくら(独唱)」や、最新アルバムのタイトル曲でツアータイトルにもなっている「自由の限界」の披露...。

心が躍った。
 

一番素晴らしかったのは、アンコールで披露した「生きとし生ける物へ」。

何ととマイクを使わない弾き語りによる披露。

静けさの中で聴こえてくる歌とギターの音色は、大音量で聴かせるバンドサウンドにも負けない"力強さ"と"生命力"にあふれていて...。



話は変わって、森山直太朗は、『若者たち2014』にゲスト出演するとのこと。

聞くところによると、なかなか存在感のある役どころらしく...。

俳優としての出演といえば、1998(平成10)年公開の田中麗奈初出演・初主演映画『がんばっていきまっしょい』でのライバル高校ボート部員という端役で一言のセリフのみ。

この度は、どのように魅せてくれるのか...。


『若者たち2014』の主要登場人物と同じように、森山直太朗もドラマ終了後には、素晴らしき心の糧を得ることになるのかもしれないや。


これからも、しっかりと見届けたいな。

2014-08-20 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます