So-net無料ブログ作成

泣くな、はらちゃん シナリオbook



泣くな、はらちゃん シナリオbook

今すぐにでも手に入れたいなあ。


3月23日土曜日にあの日本テレビ『泣くな、はらちゃん』が最終回。

そして同日に、『泣くな、はらちゃん シナリオBOOK』(日テレbooks)も発売。

脚本を担当した岡田恵和氏曰く「はらちゃんを忘れないで」と。


いわゆる既存のシナリオだけの本は違い、全10話の間には、時系列な流れで、ビブオ氏による漫画も掲載されるという楽しみが充実。

そのビブオ氏は、最終回で、ふなまる水産のパートさんが噂する、"大橋の息子さん"として初登場。
かつて自身が引きこもりだったことあって、初めての収録の体験では、かなりの緊張ぶり。
終了後、主人公のはらちゃんを演じるTOKIOの長瀬智也氏から、「良かったですよ」と褒められて感動。

折しも、イラストの仕事などが入ってくるようになった、ビブオ氏曰く「これで命を救われました」。


殺伐とした雰囲気に囲まれる中での、生きづらい人たちの増えつつある世の中への応援歌のようだ。

と同時に、"自分の世界"に没頭するということとは、"現実の世界"と関わるということとは、どのような意味をもたらすのか?遠い将来にどのような結果をもたらすのか?

誰もが問いかけられているかのよう。


しかしそれでも、漫画はとてもかわいくておもしろい。

2013-03-21 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます